読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女

納得ができない。何故あいつに彼女がいて私にはいないのか。今日一日ずっと昨日のことを考えていた。彼は特別容姿が良いわけではないし、積極的に女にアタックするタイプでもなかった。ファッションに気を使う方でもない。だから、率直に言えば、私の方が勝っていると内心では思っていた。彼女を作るにしても私の方が先だろうと傲慢にも決めつけていたのだ。そしてその思い込みは外れた。
しかしそれは必然的な敗北だった。友を見下し、自分の方が優れていると自惚れ、自分の持っていない玩具を他人が持っていることが許せない私の敗北は初めから決まっていたのだ。こんなだから彼女ができない。そういうことなのだ。