読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進捗 20170109

Nとの関係に進展がないことに悩んでいた。

去年(2016年も去年になってしまった)の7月くらいからどうにかNともう一歩踏み込んだ仲になれないかと試行錯誤してきた。あれから早半年、成果自体あることにはある。2人でいるときは普段使わないタメ口になったり趣味の話が弾んだり。一緒に帰れそうなときは向こうから誘ってくれたりもする。遊びに誘うのにも抵抗がなくなった。

決して進捗がないわけではない。だが、それが私の想像している1つのゴールに繋がっているとは思えない。例えるならば、f(t)=-1/t(t>0)のようなものだ。単調増加ではある。tを大きくすればそれに応じてfは大きくなる。だがいくらtを大きくしたところで関数の値が0を越えることはない。そして私の目指すものは1なのだ。

 

1/9、昨日は成人式によるバイトの人手不足を補うべくヘルプに駆り出されていた。

決して嫌ではなかった。Nが出勤するからだ。私もNも試験前で会うタイミングがほぼ無い。バイトで被るくらいしか機会がなかった。

労働が終わり、電車でNと2人きりになった。他のバイトの人が台湾帰りとのことで旅行の話になった。私が去年に猛吹雪で北海道から帰れなくなった時の話題になるもどうにも会話が噛み合わない。雑な返事をしてしまい会話が止まる。

Nが春休みの旅行の予定について話し始めた。予定は1つ立っているが、それに加えて国外に行きたい、だが誘う人がいなくて悩んでいるとのことだった。

残念ながらここで「じゃあ自分と行きましょう」と言う勇気はなかった。冷静に考えて異性を旅行に誘うということは八割方"そういうこと"である。つまり、拒否されればそれはそれ以上の絶対的な拒絶の提示と同じである。しかしこのチャンスをどうにか活かしたい。神よ頼むディープラーニングってやつでなんとかしてくれ……

 

N「一緒に行きません?」

 

祈りが通じたっぽい。

そこからはごり押しして、とりあえず親に話をつけて二月くらいには許可を取ると言う話になった。異性と行くとなると親の判定が厳しいかもしれないとのことだったが適当に連れは女ってことにしておけと言った。とにかく必死だった。

まだ確定したわけではないが、これが現実になれば物凄い進捗に違いない。もしかしたら自分は0のその向こう側、そして1へ既に差し掛かっているのかもしれない。頼むNのお母様どうが許しを。