読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161103

やはり一限は無理だった。

 

2限に遅刻して出席だけしておく魂胆だった。いつもの教室を覗くも誰もいない。休講か確認するも違う。一旦諦めて図書館で行くが、もしやと思い二階を探すと見つかった。授業が丁度終わったところだったがなんとか出席をもぎ取る。

 

34限に出るも寒気眠気で全く集中できない。諦めて死んでた。

 

明日が試験だったため図書館に駆け込んで助けてもらう。いつも頼みにしてるやつが体調不良で帰宅したため他のプロに聞いた。ものすごい勢いで説明されてぶっちゃけよく分からなかった。

 

日曜のことでNにメールを送るも返信がない。これを書いてる今もない。死んでる。