読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161031

レポートの提出が迫っていたため起きた。既に12時近くだった。締め切りの16時まであと4時間強。急いで大学に向かった。

 

レポートの問題が全く分からなかったので端から友人に頼る気で図書館に駆け込んだ。しかし自分を含めて誰もレポートのプリントを持っていなかったので数学科のコモンルームでプロの助けを求めに行った。

 

頼るべきは友人?だった。知り合いに聞いたら7割程度は教えてくれた。チャチャッと仕上げて締め切り30分前程度に提出した。

 

バイトの代講が入っていた。一度依頼が来た時は全休を潰したくなくて断ったが、他全員無理だったらしく仕方なく自分が来ることになった。今思えば失敗だった。6日まで本当に時間がない。すべきことはいくらでもあったのに。

 

バイト後はハロウィンパーティと称した飲み会だった。

本来なら新人をもっと集めるはずだった。だが参加したのは一人だけ。新人の最後のコマが消えてしまい先に帰られたなど仕方ない要因はあったのだがそれにしてもという感じだった。やはりまだ馴染めていないのだろう。しかし飲み会に何度か嫌々参加して少しずつ溶け込んで行くのもあるはずだ。もっと強引に行くべきだった感はある。

 

いつものメンツが徹夜する覚悟があるようだったので自分も付き合うことにした。

カラオケに行くも延々とバイトの話をしていた。だが最近話が堂々巡りしてる感があり良くない。具体的には新人の指導についてだ。私達は新人が辞めぬよう且つ育つよう適切に指導しなければならないがその距離感を計りかねている。そろそろ何らかの行動を起こさないと延々と文句を垂れ流すだけになってしまう。