読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試験

試験など取るに足らない問題で、私が書きたいのはそこではない。がしかし一応今回の反省を含めて簡潔に書く。

現状判明しているところでは必修に合格、選択必修一つ寝ブッチ。他は多分合格している。進級は確定した。
今期はとにかく出席が少なかった。前期に反省を全く活かせていない。恐らく自分には出席の才がない。どれほど決意を強く固めてもすぐ失せてしまう。成功例は高三の受験の頃くらいのものだ。だからもう無理に出席を心掛けるのはやめる。人間的に腐ってしまう心配はある。が多分自分は適度な緊張感があればやれる人間だ。今気を抜いてもさほど障害にはならないはずだ。
ただ単に出席を止めただけでは不合格祭りの留年である。だからこれからは情報収集をこまめに行う。特に初回の授業に出席することだけは徹底する。今期は初回授業を切りまくって酷い目にあった。ここだけは守りたい。初回後はノートなどを地道に集めて試験前に焦らぬようにしようと思う。

これからは試験後の話に移る。もう大分日が経ってしまったものもあるので箇条書きくらいの気持ちで記す。

試験後に学科の友人と遊びに行った。そこでカタンの布教を試みるも失敗してしまった。プレイ中に合流した友人を待たせないよう皆が意識してゲームに集中できなかったからだ。やはり何も考えずにプレイすればいいものでもない。もう少し考えてから行動すべきだった。
友人の一人が小学校の知り合いと同級生だったため少しだけその辺りの話をした。

「Yって知ってる?」

「二人いるんだけど」

「下がKってやつなんだけど」

「ああやべえ方ね」

いつの間にか私の親友は「やべえ方」になってしまったらしい。彼曰く奴は中3あたりで壊れてしまった(男子校のノリに完全に振り切ってしまった)らしい。やはり中高の6年は人を変えてしまうものらしい。面白い一方で少し寂しくもあった。

土曜のバイト後のこと。翌日は飲み会が控えていた。飲み会のメンツについて話していたときのことだ。

「明日はIさん来ないらしいですよ」

N「来ないのか……めっちゃ残念だな……」

心底残念そうであった。本当に残念そうであった。
Iさんとは私指名の生徒を寝取ったクソ野郎のことである。奴は二度も私の物を奪っていくのだろうか。許せない。今度こそは負けない。見ておけ。

翌日の飲み会のこと。

2週間ぶりに続きを書くので最早記憶が定かではないが頑張る。

Nが来ないため飲み会に行く意味の75%は失われたと言ってよかった。だがもう参加すると連絡した以上ドタキャンするわけにはいかない。渋々店へ向かった。

女と日本酒バトルをして圧倒的敗北をした。その場で潰れこそしなかったが飲みが終わる頃に一気に波が来て立つのがやっとレベルだった。酒の強い女はずるい。もう女とバトルはしない。

飲み会の会話の中で自然な流れでカタンを紹介することに成功した。丁度カタンを持ち合わせていたので四人集めてその場でプレイした。一度つまらないと断ぜられればもう見返す機会はない。負けているプレイヤーには積極的に支援し、参加している四人全員がゲームに参加できるよう工夫した。結果は上々。恐らく次回もあるだろう。

可愛い女の子とするゲームは最高だ。