読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再試験

今日は必修の試験日だった。7:30に起床。少し遅いが5分程度の遅刻で済むだろう。急いで家を出た。

電車が遅延しているようだった。しかしラッシュ時には珍しくもない。甘く見て電車に乗り込んだ。だがいつまで経っても発車する気配がない。結局20分近く止まり続けた。大遅刻が確定した。必修の、落としたら留年リーチの試験に大遅刻することが確定した。

だが原因は電車の遅延にある。事情を説明すればどうにかなるだろうと信じ、40分ほど遅れて試験教室に入った。事情を説明すると教授から「とりあえず解いてみ?」と解答用紙を渡された。やれるだけやったがやはり間に合わない。2/3ほど終わったところで打ち切られた。

試験後教授にどうするか聞いたところ、試験時間が足りなかったため追試をするとのこと。大遅刻で入室した時点で分かりきっていたことだった。だから人生初の追試を食らったという事実はすんなり受け入れられた。それよりも何故わざわざ問題を解かせたのかわからなかった。元々追試なのはほぼ確定していたようなものだ。私が少ない時間の中で必死に解いたのは全て無駄になったのだ。本当にげんなりした。

試験後は知り合いと昼飯を食べた。その場のノリでツイッターのアカウントを教えてしまったが正直失敗だった。「下ネタこそ正義」と言わんばかりの呟きがどうしても受け入れられなかった。人生初のミュートを使用した。

昼食後はそのメンツと少し試験勉強して帰宅。思ったより理解度が低かったので気合を入れていきたい。

今日は何もしなかった。むしろ追試とおうマイナスポイントを抱えてしまった。ああ24時間くらい時を巻き戻せないだろうか。