読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

承認の喪失

起きたら8時。もう一限に間に合わない時間だった。新年一発目の大学でやらかしてかなり萎えたものの、木曜の一限は重要な講義なので遅刻でも出席しておきたかった。朝食もそこそこに家を出た。

教室に向かう階段でふと今日は本当に木曜なのか気になった。確認すると水曜日。水曜は四限だけの日だ。こんなことなら家で寝ていたかった。

図書館で時間をつぶすことにした。図書館で場所を確保してすぐは課題の消化に集中していたものの、すぐに睡魔が襲ってきて泥のように眠った。休暇中ずっと6時寝14時起きの生活をしていたのだから眠くなるのは当然だった。むしろ今日8時に起きたのが奇跡なのだ。今日は頑張った、そう言い聞かせて眠り続けた。

四限の時間になっても眠気が覚めず眠り続けた。結局授業には出席せずバイトへ向かった。

冬期講習中は担当でない生徒を振られて辛い。基本的にコミュ障なので初めての生徒だと授業を盛り上げられない。授業に集中しない問題児なら尚更だ。今日授業を振られた小学生は話を聞かないし席にまともに座らないし最悪だった。

攻めあぐねているところに他の講師(以後N)が来てその子に注意をした。助かった一方でみっともないところを見られかなり惨めだった。完全に承認を失った。好きな人から承認を失うのは辛い。
その悔しさもあり授業の後半は試行錯誤したところ、うまいこと授業を成立させることに成功したが、失われた承認は帰ってこない。初めからそうすれば良かった。

授業後掃除をしてロビーに戻るとNが教室に戻りまた掃除を始めた。汚れてましたか、と聞くとまだ教室の隅の席が掃除されずに残っていたとのこと。また承認を失った。完全に仕事ができない人だった。

業務後の雑談をよそにNは帰って行った。もし仮に私に気があるなら残って話に混ざっても良いはずである。つまりはそういうことなのだろうか。この前私を勘違いさせるようなことを言っておいてそれは酷い。童貞を甘く見ないで欲しい。また承認を失った。

承認の意味が崩壊してきているがもう気にしない。ニュアンスが伝われば良い。