読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりだよ終わり

今日は何もしなかった。

 

11時に起床。どこかに出かけようと決めていた私は、地元でありながら小学生の時に一度行ったきりの観光名所へ行くことにした。自転車に乗り二十分ほどで到着。

f:id:daphnian:20150504020444j:plain

 

こんな感じのところ。名水百選らしい。

羽虫やら蜂やらが元気に飛び回っていて非常に鬱陶しい。私は自然が好きだと思い込んでいたのだが、やはりこの辺りを受け入れられないあたり、真の自然好きではないのかもしれない。

f:id:daphnian:20150504020532j:plain

この辺りで小学生がザリガニを釣っていた。

以前来たときはもう少し大きく感じていたのだが、今となっては随分と小さく見えた。体感で二倍はあったはずである。

もうあの頃とは何もかもが違う。あの頃漠然と抱いていた夢は潰え、毎日が楽しく感じていた感受性はもうない。旧友とは音通が途絶えたままだ。あの日の私の持ち物はこの6,7年ですべて無くしてしまった。

勿論その代わりに得たものは少なくはない。少なくとも中高では非常に満足度の高い6年を送ったと実感している。失っただけではない。同時に何かを手に入れている。

だが私があの頃のような夢や野心を抱けるかというと、それは否である。人は何かを失い続ける。それは必要は新陳代謝だ。けれど失ってはならないものもあるだろう。私は何か無くしてはいけないものを失ったように思わずにはいられない。

f:id:daphnian:20150504020549j:plain

良さげな階段。下に幼馴染の美少女がいて「急がないと置いてくよー!」なんて叫んでたら文句無しだった。

f:id:daphnian:20150504020628j:plain

良さげな門。詳細は知らないし知る必要もない。良い。それだけで良い。

 

その後は行くと決めていたラーメン二郎へ自転車で移動。写真は無し。

思ったよりもボリュームがあり、この店では二度と野菜コールをしないことを決めた。

 

帰る前にゲーセンにより指を三クレ。正直上達の限界を感じた。

 

帰宅後は二度寝を決めて夕飯を食べて友人と通話して終わり。

 

要は勉強0。一応化学の課題をやったがそれだけ。

 

集合と位相は読破できそうにない。